かくして

かくして、流行の「万引犯」とのイタチゴッコは、永遠に続く。

そば屋で、昔の知人に会った。
60才 仕事は数年前から引退  
本人が言うには、悠々快適な日々の生活で「自由なのが一番楽しい」と言う。
雑多な話の中で、気になったのが
「騙される方が悪い」と言う言葉。
ここにもいた、流行の決まり文句を、何の疑い躊躇もなく平然と、言える人が。

単純に考えれば、
「騙される方が悪い」と言うのは、
「騙しても、気は咎めない」「見つからなければ、何をしても構わない」「自分が徳になるのなら、善悪は気にしない」
「見つからなければ、機会があれば、今流行の万引でもしてやろうか」と言う発想になる。

今流行の「万引」は、窃盗なので繰り返せば、常習で収監される。

ポピュリズム大好きマスコミも、詳細な万引犯の統計も出さず万引犯は、「貧富に関係なくいる」「裕福な高齢者もいる」「高齢で痴呆がかった人もいる」「裕福な万引犯は許さない」等と、いつも世情を煽る。

世情を煽ると、どんな企業・誰が利益を得るのか…マスコミはスポンサー有っての商売です。
商売だから、スポンサーに不利な情報は流さない。

本当なのか?
今までお会いした、比較的裕福なお客様・投資家の方々は、万引きなんぞはしない。(余りにショボイので、発想自体がないし、思考の範疇にないそうだ)
話していると、私達とは全く異次元の、高額所得者特有の余裕があるのが良く分る。
思考外のちっぽけな緊張感など興味がない。ある程度何でも買えるし、公私共に信用がなくなるからやらない。
高齢者も含む比較的裕福な方々は、万引きなんぞはしないだろう。

では、誰が主に万引きをしているのかは書かない。( 万引現場を目撃した事が数回ある)

不快になるのは、暇つぶしで店内に20分程いると、コンビニ・一号線沿いの中型雑貨店・本屋・スーパー等で、店員が後ろで、横で、いきなり本・商品の陳列直しを始めたり、反対側からこちらを見ていたりされる事に時折気ずく事だ。実に、不快だ。

どう考えても、
「見張るのは、おまえ自身を見張ったらどうだ」「アンタが一番やりそうだろ」その理由は(あえて書かない) …
と、いつも思う。

昨年仕事帰りにコンビニに寄ったら、店員が誰もいない。コンビニでは考えられない事だ。商品を選んでカウンターに行き、大声で呼んだら直ぐ来た。始めは理解できなかったが、カウンターには誰もおらず、たぶんカメラで店内を見張っていたのだろう。こういう、
泥縄的な発想 (万引ができる環境を作り捕まえる為に防犯カメラを導入) が人間不信を招くのだ。
( 文句を言えばオカシナ人だと思われてしまうだろうし、チッポケな商品を万引するほど誰も困っていないし、下らない刺激もいらない)

     …発想が恐ろしく、異常なのだ。

お客を判断する能力も経験もないのなら、お客を不快・不安にしそうなら、防犯タグ・防犯カメラ(ミラー型もあるそうだ)を付けたらどうなのだ。20年以上前に比べたら、格段に安価になっているはず。

その程度の資金力も、メーカー・コンビニ本社との交渉する (実際はできない) 能力もないのか?

定価販売をしていて、これだ。

言っては失礼だが言う。「一部のコンビニは、なぜここまで低レベルなのか」「単純作業過ぎて暇なのか」「時間給が安価すぎる腹いせか」「時間潰しか」「店員の資質に問題があるのか」「経営者の問題か」よく、これで客商売と言えるものだ。

                        呆れてしまう。
   
スーパーの大型店・近隣客層中心のスーパー等は、防犯もシッカリしているし、問題を起こすと二度と行かれないから、問題が多少は少ない。客に不快感を与えると、客が減ってしまうので、極力ストレスを感じさせないようにしているのだろう。(以前大型スーパーで、店員の対応に怒った客が、店員に脅迫めいた事を口走り、買物カゴをカウンターに叩き付ける寸前でやめたのを友人と目撃した事がある。実行していたら、営業妨害・器物破損・脅迫&強要罪?で、取りあえず警備事務所行きだ。 オジサン良くガマンしたね…)

万引犯は、即警察へ引き渡し。氏名公表。等が最良だろうが…大衆迎合大好きマスコミが、「人権」で黙っていない。

かくして、流行の「万引犯」とのイタチゴッコは、永遠に続く。


※特定の個人・店を批判している訳ではありません。日々思っている事、ちょっと変だよと思った事を書いております。しかし、オカシナ店が、増え続けるのは、困ったものです。