午前5時40分柴犬の散歩中に、コソ泥が

午前5時40分柴犬の散歩中に、コソ泥が…。

午前5時40分コソ泥に、「おはようございます」と言うと、鳩が豆鉄砲(死語)を食らったような顔で、こちらを向いた。どこかで見た事があるように思えたが、思い出せない。
暫く顔を見合っていたが、急にコソ泥は乗っていた自転車のペダルを漕いで走り去ってしまった。と同時に、「○△×+■○」と言う意味不明な言葉を発していた。

年齢65~70才位。身長160~165cm位。体形も顔も、痩せ型。I氏宅の牛乳を飲む態度も堂々としていて慣れたもの。
コソ泥の常習者かもしれない。コソ泥は、恐らく近所の住人だと思うが、早朝自転車にのって、他人の牛乳を飲みに来ている元気な老人がいるとは…。
トホホだ。見つからなければ、何をしても良いとでも思っているのだろうか?コソ泥は、立派な「窃盗犯」だ。

※健康だけど、毎日が暇でやる事がなく、食べる事にも困らないと、〇〇は悪さをする。
古人は「小人閑居して不善をなす」と言ったが…。
世間では、定年延長等と言われているが、体力もあり心も健康なのに、60才から年金生活・余生・老後生活(どれも嫌な言い方だ)を始める方々が実際には多い。

ただ漠然と、余生・老後・年金生活だけで、20~30年間を生き続けるのは、結構辛い様な気がする。
楽しい事や嫌な事があるのは、生きてる証拠。
死んだらお終い。(当たり前の事ですが、短くて2日、長くて75日で人様から忘れられる)
できる事なら、刺激一杯の世の中で、必要とされる限り働き続けたいものだ。 ※個人的な考えです

※後日、被害社宅へ今回の件を話しに行くと「数ヶ月前から、週に何回か飲まれている」という返事。
清水警察署か、派出所へ相談に行く事を勧めた。