エクシブ箱根   

20190109 気晴らしに、エクシブ箱根

知人と、2018年12月18~19日に箱根のエクシブへ行った。
何度来てもエクシブは相変わらず、素晴らしい。
荷物を預け、箱根の某駅近くで、少し遅い昼食をとろうと、
タクシーで行く。

運転手さんが言う。

今もそうなんですが、箱根駅伝には迷惑しています。
最初の頃(昔の昔)は僅か数校の大学が、少人数で
観光客に交じって(人混みの中を)走っていたのですが、
観光客の方々に大変迷惑になり、クレームも多々あった。
市は、観光客優先なので、主催の大学に、迷惑していることを通告し、
箱根マラソンの中止をお願いしたにも拘らず、無視され続けた。
暫くして、テレビ中継され始めると、状況は一変した。
参加校が増え、交通整理をし、道路の通行がほぼ一日禁止され、
一泊のマラソン関係者と、観光客が増えた。
ホテル・旅館は、ほんの少しだけ潤う。
1月は例年観光客も程々居るので…。
テレビの影響は凄いものだ。
と運転手さんは言う。

駅近くで降り、そば屋で食べながら、ビールでも飲もうという事になった。
某駅と観光案内所周辺は、観光客で一杯。駅から人が溢れ出ている。
並ぶ必要が無い店で、ビールが一番安い店に入ることにした。
そば屋は4軒ほど。ビールの一番安い店に入る。

気になったのは、
店頭サンプルが無かったこと。
お客が、外人さん6人とあと4人。
店内が、異様に静かな事だ。

席に案内され、暫くすると店内は観光客で満杯になった。
高齢な女性店員さんが3人いる。
そのうちの一人が、陰険な声で、
 混んできたら、相席をお願いしますよ。
はいはい。
店内は、旅の余韻か、話し声で溢れている。
隣の席は、高齢男性3人組。

メニューを見て、驚いた。
覚えているものだけ書く。
ビール中瓶 750円
日本酒1合 800円
エビ天丼 1500円
天ぷらそば 1100円
枝豆 1100円
板わさ 800円
漬物 900円 … 。

暫く考えていると、
高齢な女性店員さんが、
 何にします?
ちょっと待って下さい。
 決まりましたか?
※うるさい〇〇〇〇だ。
天ぷらそば×2とビール×2を注文。
ビールを飲みながら、そばを待っていると、
持ってきた。

驚いた。
そばの上に、エビが1尾。エビはどうみても自家製ではなく、
業務用冷凍エビだ。(エビのウエストは多分2mm位で後は衣だ)
天ぷらソバなのに、エビ1尾だけネギも無いとは恐れ入った。

隣の高齢男性達が、チラチラとこちらの天ぷらそばを見ながら笑っている。
この天ぷらそばは、駅構内の立食いソバより不味かった。
多分商品原価は、100円以下だろう。 100円!
美味しければ、多少高くても構わないが、とにかく不味くて、高い!

高齢な女性店員達に聞こえるように、知人と話す。
今でもこんな店があるんだ。
そば屋のボッタクリは、初めてだ。
一見客相手の、二度と会う事も無いと思って商売しているんだろう。
客は駅から湧いてくるからな。
美味しい物を食べさせてやろうという、プライドはないのか?
箱根観光地の、恥だな。


店内は、注文品を持ってくる度に、静かになる。
そうか、店に入った時の静けさは、これだったんだ。
大袈裟に言うと、驚き・怒り・失望・諦め なんだろう。
楽しい旅行のはずが、初めて入った店でボッタクられた上に、不味い。

どうりで、店頭サンプルも出せないはずだ。

隣のおじさん達に、エビ天丼がきた。
案の定、エビ2尾だ。1500円。自嘲気味に笑ってしまう。
3人とも顔が暗い。「なんだ、これは!」という顔付きだ。
黙々と食べ、すぐ店を出て行った。

店内は満席なのに、お通夜のようになった。

恐るべし箱根山。

箱根で、山賊に会った気分だ。

この際だからと、日本酒×2本を温燗で注文。
持ってきたのは、冷酒に近い擱かんと熱燗だった。

このそば屋の店主も、陰険な店員も、ド素人だというのが良く分かった。
観光客を、舐めているのだ。


知人は、冷凍で1100円の枝豆は、食べられないと言う。
あたりまえです。
多分冷凍で、申し訳程度の量だろう。
勘定 5300円払って店を出た。(一人 2650円)

ドブにお金を捨てたような気分だ。
食事で後悔し腹が立ったのは、何十年ぶりだろうか。

一見客相手の、二度と会う事も無いと思って商売しているんだろう。
何も知らないお客が、駅から湧くほどやって来るのだ。


いまだ空腹なので、店探しのセオリーである、
通りから入った店を探す。

何軒か見て廻ったが、
看板に18歳以下お断りという、看板を出している店があった。
ドアに覗き窓は無い。
大丈夫かなと思いながら、もう怖いものは何も無いので、入ったら、
普通のレストランだった。
ご夫婦でやっている店。固定客中心。一見さんは殆ど来ないそうだ。

沢山色々注文して、食べて飲んで、16000円(一人8000円)
お皿はショボイが、
メニューは厳選され、料理もビールもワインも、美味しい。
食べて、飲んで、マスター達と話した。
気が付いたら、3時間が過ぎていた。

知人と話す。
こんなに美味しい店は、他人に教えるのは、やめよう。
他の人達とまた来ることがあれば、一緒にここへ来よう。
今日の夕食も、エクシブはやめて、ここに来よう。


一度エクシブに戻り、再度同じ店に、夕食にも行った。
遅い昼食から2時間後、夕食は豪華になったが、すこぶる満足した。

美味しい店は、メイン通りの裏にある。

        ああ、美味しかった。