価格の問題ではない。

20171213 価格の問題ではない。

お客様の依頼で、
土地の現調に、焼津へ電車で行った。
電車もたまに乗るのは楽しいね。
焼津駅は海が近くなので、風がとても強い。

現地まで、かっての商店街を歩くのだが、空地か閉店・住宅のみ。
駅から徒歩10分で到着。
3.11の大地震前は、結構高めな地価だったろう。

最初の印象は、「空地だらけだな」「場所は駅近だが…」
「誰が、どんな目的で買うんだろう?」
想像がつかない。
近隣家屋は軒下・外壁に、塩害が目立つ。

空地だらけなのは、近年に予想される大地震と津波から逃れるためか?
電柱には、海抜2.2mの金属板表示がある。
ちょっと怖いな。

やはり駅に近くても、海岸近くは避けるべきだろう。
※海抜がある程度高ければ問題ないのだが…。

海から比較的離れている、
焼津インター周辺が、人気だという理由が良く分かる。

予想はしていたが、とても買えない。
価格の問題ではないのだ。

買って頂いたお客さんにとっては、
大地震・大津波発生が、
生きるか死ぬかの問題になってくる。

買えないし、心情的に売れない。
お客さんに理由を説明して、
断ろう。