「生まれた時からどんぶりめし」ポスター。

20160605 「生まれた時からどんぶりめし」ポスター。 気に入ってます。

先日、NHK・ドキュメント72で、宮城県仙台市の半田屋(大衆食堂)の72時間をやっていた。
内容は略すが、その映像の中で、「生まれた時からどんぶりめし」ポスターがやけに印象に残った。
昨今のダイエットの風潮が馬鹿らしくなるように、
オカッパ頭で、3才ぐらいの女の子が、大口を開けて山盛りのご飯を食べている。
子供の可愛さより、ご飯を食べる迫力に驚かされた。子供ながら、生きていくという意思が垣間見える。
昭和40年代前半は、どこでもそうだった。
反面、小学生が自死する現代の異様さを感じずにはいられない。
半田屋の店舗は、静岡には無い。
出店したら、是非行ってみたいものだ。

ほのぼのとした懐かしさの中に、元気が湧いてくるポスターです。
 

どんぶり飯