青天の霹靂

20160219 青天の霹靂

朝の9時30分に、神奈川県から同業者で先輩のA氏が、車を飛ばしてやってきた。
普段は温厚で、面倒見が良く、余り怒らないA氏なのだが … 固い表情で、
開口一番「200万貸してくれないか」と言う。

余りの事に驚いて、「一体どうしたんですか?」と聞くと、
「町内会で、長年の付き合いをしていた隣人に、騙された」と言う。

隣人とは、同じ町内会で、20年以上の、家族ぐるみの付き合いだった。
子供同士は、同級生。
隣人は、事業に失敗し残務整理中の中、事業所の土地・建物売却の相談に来た。

話し合いの末、A氏が土地・建物を購入する事とし、手付金として1000万円を支払う。
A氏は、金融機関から融資承認をもらい、決済日を決め、20年来の隣人には土地の再販まで
は、事務所としての使用を認めた。

A氏は、土地のみを売却し、取得税等を浮かすために、建物は隣人名義で解体する予定だったので、
残金決済時に所有権移転したのは土地のみだった。 (建物は隣人名義のままだ!何ということだ)
隣人との、契約決済数週間後に、隣人から購入した土地に購入希望者が現れ、契約を締結し、
手付金を受領した。
気の良いA氏の事だから、その事を隣人に話したのだろう。 (これだけ、儲かったとか)

それを聞いた隣人は、
困窮を助けてもらった恩も忘れ、「嫉妬」と「妬み」の気持ちが、湧きあがった。のだろう…
(そんな心根だから、事業にも失敗するのだ)

A氏は、隣人に建物からの退去を求めたが、隣人は出ていかない。出ていかないのだ!
「売却したのは、土地だけで、建物は売却していない」「契約書にも、建物は表記されていない」
「建物が欲しいのなら、建物代金と、移転料を支払ってくれ」と、隣人は言いだした。

A氏にとっては、青天の霹靂。空が落ちてくるような、衝撃だったろう。
A氏は悔やんだ。

20年以上の、家族ぐるみの付き合いとは、親戚以上の付き合いとは、一体なんだったんだろう。

隣人を、信用しすぎたばかりに…。 夫婦でさえ、他人と言うではないか。(事実その通りだが)

登記料等の支払いを、ケチったばかりに…。


※余談
サラ金全盛時代の頃、旧友である友人の借金連帯保証人になった知人は、友人の借金不払いでサラ金業者から、連帯債務者としての履行を迫られます。知人は、友人を責めます。友人は、最後に、「俺は以前裕福な生活をしていた。しかし、事業の失敗で首が廻らなくなった。なぜ、この俺だけが、こんな不幸な目に合わなけばならないか?世の中は不公平だ。だから…」と言ったそうです。(友人の失敗は、事業ではなく、博打好きが原因だった)

 自分は人並以下の努力しかせず、他人の生活を羨み、自分と同じレベルに、知り合い、友人、親戚、取引先を引きずり落とそうという人間も、世の中にはゴマンといます。

欲得詐欺が蔓延る現代は、それが数十倍・数百倍になっているのではないか。
怖い時代だと感じるのか、当たり前だと思うのか…。


建物の登記料・設定・取得税を、ケチったばかりに…。
(建物登記等諸費用合計で、推定35万ほどではないだろうか)


可哀そうなのだが、A氏には、

〇 A氏が隣人に支払った、手付金1000万円+決済代金。

〇 土地の所有権移転・抵当権設定・取得税等々の諸費用負担。

〇 銀行への、借入金返済義務。

〇 買主への手付金+違約金の支払義務。

等が生じる事になった。
(金額を推定すれば、自己資金1000万円を除いても、推定2600万円以上の債務が残る事になるだろう)

裁判をしても、勝訴は難しいだろうし、年数も弁護士費用 (着手金・諸費用・成功報酬) と時間も、相当な負担になる。(一般的に民事裁判で勝訴しても、敗訴した相手に換金できる財産又は現金が無い場合は、損害金の回収は不可能。給与差押え等も可能ですが、手続きは煩雑で回収は小額。被告が無職だったら、原告は勝訴しても悲惨です。※新聞掲載される様な民事事件判決でも、被告がその賠償金を支払わない/支払えない事が殆んどです。)


恐らく万が一勝訴しても、支払ったお金は、戻ってはこない。
債権回収の専門家に言わせると、「何も持たない者は、努力の有無に関係なく不幸だが、ポピュリズムの政府から、生活を保証されている」
となるそうだ。

話しを聞いて、A氏からの依頼は、丁重に断った。 (心苦しかったが、仮に貸してもA氏には返済見込みが絶たず、隣人への投下資金回収は、とても難しいと思った)

その後暫くしてA氏は、自宅が競売となり、妻子と別れ、一時所在不明になり、中部圏の某所で、数年後亡くなったと聞いた。

※いくら仲が良くても、付き合いと、金銭と、契約 (約束) は別。 

男・女に関係なく、困った人達(1) に隙を見せると、嫉妬と妬みの渦に巻き込まれてしまう。 
(!)仕事が嫌いで遊び好き、他者の成果に、相対的な嫉妬・妬み・嫉みを覚えるオカシナ人達。陰でコソコソと他者の悪口を言い続け 害をなす輩。契約を守らず、借りた物を返さない、返済しない者。

くれぐれも、ご用心の程を。

※14年~15年位前の話しですが、今でも鮮明に覚えています。東京の知り合いの業者さんに言わせると、移転しないで売買する事はありえない。移転しないで売買する場合には、空家は全てのドア、全てのガラス窓を取り外し、電気・水道を元から停め、使えないようにし、1日1回不定期に見廻るとの事。