top2
空き家
富士山
TOP
7

NEWS

自社売買物件

創業33周年目の感謝。 当店から、不動産物件をお買い上げ頂いた、 数多くの、お客様のお陰です。 心から、感謝致します。

   こんにちは。数あるホームページの中から、
 当店ホームページをご覧いただき、ありがとうございます


数多くの物件は、掲載しておりませんが、
お客様が不動産を購入する際に、気を付けなければならない、
初歩的な事も書いてございますので、参考にしていただければ幸いです。


当店は、1988年6月に開業して以来、今年で創業33周年目となりました。 
良い事も、芳しくない事も多々ございましたが、
心あるお客様のお陰で、
なんとか乗り切ってまいりました。
 
今現在でも日々楽しんで、仕事を続けられているのは、
これも一重に、皆様から叱咤激励され、ご贔屓頂き、
 
当店の商品を、お買い上げ頂いた、
大勢の、大切なお客様のお陰と、
 
心より感謝致しております。
 
数ある商品群の中から、当店でお買い上げ頂き、誠にありがとうございます。
長いお付き合いとなりますので、当店からお買い上げ頂いたお客様の、

不動産に関するご相談(売却・購入・リフォーム・資金計画・諸問題の交渉)。
関連する諸相談等々がございましたら、一所懸命ご要望・諸問題の解決に
尽力させていただきます。  

ご相談下さい。         電話 : 090-7304-3895    堀 川
 
   今後とも、ご贔屓・長く良いお付き合いのほど、宜しくお願い致します。

                
 

                               
         感 謝 。
 

 


さて、当店は当初、新築住宅の売主販売を20年間ほど続け、ここ12年間は、中古住宅/マンションの買取・リフォーム販売を主として行って参りましたが平成29年7月より、新築住宅販売も再開致しました。 
          

シゴトも、より一層楽しめそうです。
  
       

 

   不動産の買取を致しております            

(1) 使わなくなった、住宅、がある。 
(中古住宅・空家)
(2) 古くなった、マンションを処分、したい。 (中古マンション)
(3) 空室が多く、手間の掛るアパートを売却、したい。 (中古アパート)
(4) 事情があり、早めに処分、したい。 (諸事情物件)
(5) 相続等で不用な土地、がある。 (土地)
         

   等々 … ございましたら、お気軽にお電話下さい。
    
     ◎ 現地確認後、買取価格  をお知らせさせていただきます。
              
※当たり前の事ですが、相談・査定無料。秘密厳守。お気軽に、ご相談下さい。
    

誠に申し訳ございませんが、買取できない 地域 がございます。
静岡市防災対策課が推定する、「東海地震の津波による推定津波浸水域、
津波波高図」
による推定津波浸水区域内並び近隣土地・建物等は、一般の
お客様・投資家様からの検索依頼・購入希望等が、弊社には全くございま
せんので

 

上記に係る物件の、検索・ご紹介・販売並び仲介も一切致しておりません。

         賃貸物件のご紹介も致しておりません。

 

以上により、上記区域並び近隣地の買取は、一切致しておりません。    

 

申し訳ございませんが、ご了承下さい。

海岸沿いとその近郊・推定津波浸水区域内とその近郊物件は、取扱致しません。


当店はお客様に、安心して安眠できる不動産物件のみご紹介させていただきます


2016年7月から、 安価ではありませんが、駅近物件を、近隣物件よりは、

安価に販売しております。(自負ですが‥)
どうぞ近隣物件と比較して下さい。

単品で随時、街中の土地・駅近物件の販売も行います。

売土地は、一定期間のみ、建築条件はありませんが、
一定期間経過後は、建築条件付又は、新築住宅としての販売となります。

   
                     

若くても、高齢になって免許証返納しても、
転居・無駄な転居新築の必要もなく、
何処へでも歩いて行ける、
便利で、楽しい街を、


一生涯楽しめます。 

安価ではありませんが、街中の、何でも近くにある、
売物件の少ない、価値ある、適正価格の、駅近物件をオススメしています。
 

※駅近物件
(※1)⇒JR駅・JR静岡駅まで、徒歩10分以内     ※私鉄駅近は、お勧め致しません。

   ※1.静岡市では、大浜街道より/東側・カネボウ通リより/北側・八幡通りより西側、の区域内。

 弊社売主物件は、仲介手数料が不要です。

 ○仲介物件は、仲介手数料をお支払いいただきます。※契約金額×3.3%+6.6万=仲介手数料
 
(1) 静岡市駿河区馬渕 1丁目 〇売主/売土地100.00㎡(30.25坪) (2016.7売却済) 
                  ※JR静岡駅徒歩7分⇒東京駅まで 僅か68分。

(2) 富士市下横割 〇売主/売中古マンション   3LDK     (2017.7売却済)
                  ※JR富士駅徒歩10分        

(3) 静岡市駿河区馬渕 2丁目 〇売主/売土地138.50㎡(41.89坪)(2018.3売却済)
              ※JR静岡駅徒歩10分⇒東京駅まで 僅か68分。


(4) 静岡市清水区 〇売主/売中古マンション    3DK   (2018.4売却済)
     
            ※JR興津駅徒歩2分⇒JR静岡駅まで17分⇒東京駅まで68分。



(5) 静岡市駿河区泉町 ☐仲介/売土地 104.40㎡(31.58坪)(2018.11売却済)
               
※JR静岡駅徒歩7分⇒東京駅まで 僅か68分。

 

 

(6)沼津市三枚橋 〇売主/売中古マンション 3LDK 築10年 (2020.7売却済) 
                                 ※JR沼津駅徒歩7分。7F。  

 

(7)沼津市米山町 □仲介/売中古マンション 3LDK 築9年   (2020.9売却済)

                                           ※JR沼津駅北口徒歩5分。4F。

 

(8)沼津市米山町 仲介/売中古マンション 3LDK 築9年   (只今、販売中!)

                                           ※JR沼津駅北口徒歩5分。2F。

 

(9)静岡市駿河区馬渕 〇売主/新築住宅/令和3年3月販売予定。4LDK・駐2台

               ・オール電化・他設備多数。

                                ※現在お住まいの住宅・不用な土地、買取させていただきます。

                 ※JR静岡駅徒歩10分。 詳細は、暫くお待ち下さい。

 
   
…お持ちの駅近物件 即金 で買います。 お持ちの駅近物件、売ります。仲介します。 

              ご相談下さい。お電話下さい。 お待ちしております。
                    電話  090-7304-3895/担当 : 堀川
 

● 以下の文面は、普段感じた事を、当店業務に関係なく書いております。 他意はございません。   

…買ってはいけない…買ってはいけない買ってはいけない… 
静岡・清水・焼津の、海岸近くの推定津波高10~12メートル                

冗談で、「危険だよね」 というレベルではない。
早くて、2分で大津波到達!                 
                                                                                                           
 

おせっかいですが、
冗談じゃなく

南海トラフ大地震と、最短2分後にやって来る、大津波で、
もしかすると

TVとかCSとかの、

冗談満載番組の虚構世界じゃなくて、

ホントウに

死ぬことになりますよ。
                   

〇海岸近くの土地・建物を、買ってはいけないこれだけの理由。

平成24年8月29日内閣府より「南海トラフ巨大地震の想定震源域と被害想定」
が発表されています。

次回の巨大地震は、今後30年以内に60~70%の確率で発生(※1)すると発
表された。 明日起きてもおかしくない 巨大地震と大津波。(※2)

※1.今後40年以内の巨大地震発生確率は、80%と想定されています。  
※2.南海トラフ地震活動の長期評価(第二部)について
      /公表H25.5.24地震調査研究推進本部地震調査委員会

※地震が起きる度にハラハラ・ドキドキは、
嫌ですよね。 熟睡できる事が一番。
 
 
〇巨大地震と大津波から逃れる術は、
1).根拠のない楽観論・精神論には頼らない。
    被害想定を前提に、現実的に対処しましょう。
 
2).海抜・地盤の強弱と購入予定の土地/建物が 、
    推定津波浸水区域内外かをよく調べましょう。
  
 ※安心して安眠できないような地域には、住まないようにしましょう。
 
3).海岸近く・山際以外で極力土砂災害警戒区域・急傾斜地以外の、
    大津波・土砂災害に襲われない土地で、
  
 地震に強い新築か、新耐震基準以降の建物を選びましょう。
 
4).三陸沖大地震で、海沿いの街を襲った巨大津波を思うと、
  海岸線近郊は、買うべきではありません。
  
  価格の問題ではありません。
 
   「危険は避ける」が常識。
   

  海岸線近郊の不動産 (土地・建物) 価格は、下落ではなく大暴落状態です。
 
  ここには書けないような価格での買取依頼もございましたが、
  上記により丁重にお断りさせていただきました。
  
※三陸沖大地震(2011.3.11) の現実的大被害を思うと、
   次回の大地震に対する、平和ボケの楽観論などありえません。


※海岸沿いとその近郊・推定津波浸水区域内の物件は、余程の事情がない限り
   お買いにならない事です。  

 

 買って後悔(?)するより、買わない事です。

〇三陸沖大地震 ( 2011.3.11 ) では、

海岸線並びその近郊街は壊滅状態となり、
尊い人命、同胞約1万8千人(※3) もの方々がお亡くなりになりましたが、
 
その大多数の方々は、大地震による建物倒壊、大津波被害の方々でした。
建物被害も甚大で、海岸線とその近郊街は大津波後、


建物基礎だけが残る更地状態です。
 
地震保険は、火災保険の最高額二分の一しか補填されません。
家は火災全損の場合だけ100%保険で補填できますが、


土地のローン返済は残ります。

また津波被害の土地は、転売も難しく、資産価値も減じられます。

震災に遭われて住宅ローンが残った状態で、再び住宅ローンを組み直し、
再度住宅を建築するという事になりますと、ご家族の前途は多難です。

耐震性が高まっている現代の住宅は、大地震による大津波・土砂災害以外
は、それ程心配される必要はないと思われます。

西暦1981年以前の、新耐震基準前の建物には注意が必要です。


特に、築後35年以上のリフォーム済中古住宅購入には要注意。

住宅地をお探しのお客様は、大地震による、大津波・土砂災害等に該当し
ない地域をご検討されたら如何でしょうか?

長い目で見た場合、価格は少し高めになるでしょうが、結局はお得です。

国・県の再建築時の補助金が災害の都度話題に上りますが、
額は雀の涙程度です。

(当たり前の事ですが、国民・県民の税金ですので、期待は出ません。災害
に遭われた場合には、結局自助努力が必要になってきます)
 
6年前の、大地震/大津波災害なので、もうお忘れかもしれませんが、

尊い人命、約1万8千人の同胞が亡くなられた現実と、
失われた多数の建物群と莫大な資産。
 
くれぐれも、お客様ご自身とご家族様の安心、安全をお考えのうえで、 
おせっかいかもしれませんが、 
※三陸沖大地震/大津波 ( 2011.3.11 ) の教訓を、
お忘れになりませんように…。
  
※3.大震災以後、仮設住宅等の避難先で亡くなられた方々を合わせると、
      約 2万人となります。 
 

〇「南海トラフ巨大地震」による、静岡県の被害想定は、

全壊建物 26万3000戸( 2位 )  ※( ) 内は全国被害順位。
死 者 数  10万9000人 (1位 )
浸水面積      151km2 ( 2位 ) と想定されています。
 
公的機関による被害推定は、常に低く抑えて発表されますので、
実被害は想定を はるかに上回るのが常ですし、
ご存知のように、誰も責任を取りません。 
注意が必要です。
 
静岡・浜松の最大津波高は10m超。
静岡は地震発生から最短4分で、5mの津波が来る。
清水区は、最短2分で襲来。

あの、原子力発電所がある、御前崎市の波高平均13m・最高19m。
世界一危険浜岡原発 でネットにアクセスして下さい。

浜岡原発の恐ろしさが、よく解ります…。

世界一危険浜岡原発 でネットにアクセスして下さい。
  

※原発の冷却水をどこから、どの様に取り入れられているのか、ご存知ですか?
※平成6年4月に発売された、三五館発売の「放射能で首都圏消滅―誰も知らない震災対策 」 
 は、福島原発破綻の約 5年前に発売されていますので、一読される事をお勧めします。  

  
下田市波高平均15m・最高33mと想定。

高額な買い物である不動産をお探しになる前に、
 
「南海トラフ巨大地震の想定震源域と被害想定」を、
御一読される事をお薦めします。


※海岸沿い・近郊・浸水推定区域内・近郊は、大変危険だという事が
  よく分かります。


〇平成 27 年 8 月19 日付 <日経新聞> 
南海トラフ震源域の海底GPS調査>15ケ所の観測地点>海側プレートが、
陸側プレートに毎年2.2~5.8cm移動

最も大きかったのは、静岡県沖の 5.8cm

海保担当者>「大きく移動している場所ほどプレート同士が強くくっついており、
震源域になる可能性が高い」
 

〇読んで実感/参考になります。
「 TUNAMI 」「M8」 高島哲夫/集英社文庫
   


〇12月12日BS101「 巨大災害 日本に迫る脅威 」というNHK放映番組で、
焼津市の、南海トラフ巨大地震/大津波対策を紹介していました。

《概要》
対策:焼津市危機管理部
焼津市は、全国で一番早く10分足らずで市街地へ津波が到達する市町村に
入っている。
被害想定 11,000人。
津波避難タワー21基建設
年3回の避難訓練を行っている。
避難が難しいのが、海沿いの焼津第5自治会。津波が沿岸到達まで、僅か5分。
波高の推定は、最大3mに達する。

《対策》
避難に時間がかかり、5分以内に避難できない人が多数いた。(1784人中 856人)
避難を諦めている住民もいた。
遠い避難場所へ行く人が多かった。
(訓練で使っているから…、学校なら屋根もあるし…)
三陸沖大地震/大津波での家屋被害状況を参考にすると…

木造は、浸水2m超えると全壊が増える。(3m以上で全壊)
3階建以上の鉄骨・鉄筋コンクリートは、浸水3m(※4) 程度なら耐えられる。 

オーダーメイド避難のススメ。
すぐ近所の3階建以上の鉄骨・鉄筋コンクリート宅へ避難する。
(助かる人が181人増)

(※4) 避難訓練並び想定計算上の数字です。
      想定外の大津波(波高10m~12m以上)には対応できません。
  
命を救う"大避難" 他人事ではありません。


〇12月27日業者と居酒屋で忘年会。
同席した米国から帰省中の奥さんから、「主人は〇〇生まれで、〇〇の△△が世
界遺産に登録されたので、〇〇の土地か中古住宅を買い、商売に使いたいがど
う思うか?」と聞かれたので…。 

今流行中の商売です。確かに利益は出るかもしれないが…。
高額な資金をリスクの多い地域に投資するのは如何なものでしょう?投下資金回
収まで何年必要か?
津波が来たら、もう再販無理だし、資金回収は不可能ですよ
目の前に儲かる要素があるといっても明日大地震と大津波がきたらどうします?
儲け優先の楽観論は危険ですよ。
失礼ですが、清水区〇〇地区の土地・建物をお買いになるお客様は、
県外の方以外は、殆んどいらっしゃいません。
お買いになるのなら、安全な地域にしたらどうですか?
「そうですよね。分ってはいるんですが、主人の生まれ故郷なので…」
※ご主人は、清水区〇〇生まれで米国在住。
※儲ける事も大切ですが、元気に生きている事の方が、遥かに大事です。


〇12月31日NHK/BSニュース 
三陸沖大地震/大津波・仮設住宅等の避難先等で、亡くなられた方々を合わせる
と、2.1万人となりました。 亡くなられた方々のご冥福をお祈り致します。 

〇1月7日NHK/BS「巨大災害 地球大変動の衝撃」というNHK放映番組で、 
地震はどのようにして起こるのか。
日本には4枚のプレートが集中している。
厚さ約90kmで、硬い海底山脈を持つプレートである太平洋プレート・フィリピン海
プレートが日本の陸側プレートの下に沈み続けている。
最新技術により沈み込む海側プレート境界の、

東海沖に、高さ3000m  四国南東沖に高さ3500m の大きな山が見つかった。
海側ブレートが沈み込む時に上記山の部分に「歪」が溜まり、その歪が開放される
時に巨大地震が起こる。
年数が経つほど、その地震は巨大地震になる。巨大地震が起きる時、
地下のマントルに含まれている水(ヘリウム3)が陸側・海側のプレート境界を流れて
いき、プレート同士を滑らせ、大地震の引き金になるそうです。
  

〇太平洋岸の何処に歪が蓄積されているのか。  
東海沖 と 四国南東沖  ※平成 27 年 8 月19 日付 
                   <日経新聞>と重なります。 


〇静岡市から「浸水ひなん地図」が各戸に配布されました。
突発的に発生する地震とは関係なく台風・大雨等での住宅の床下・床上浸水被
害が増加しております。
ここ数年、天候異変が多発し、想定できないような大雨・強風・高潮等で、財産で
もある住宅の補修に多大な費用が掛かるケースも増えております。
 
余談ですが、生前妹から、「長女夫婦の家が床上浸水してしまったが、家の価値
はどうなっちゃうの?」と言う電話があったことを思い出しました。その時長女は妊
娠中で精神的に辛い時でした。そこへ床上浸水。床上浸水は初めての経験だっ
たそうで何をしていいのか分からず妹へ電話したそうです。「価値は落ちるだろう
ね。自分が客の立場になったら床上浸水が起こる可能性がある住宅を買うかい?
でもね、人の噂も75日。いつまでも覚えていないよ。売る売らないは別として、相
当先の事だろうから気にしない事さ。排水環境も変わるだろうしね」


でもね…。  排水環境を、変えようがない地域もあるんだよ。 
河川改修しても水が溜まってしまう地域があります。
判断するには、近隣の住宅敷地が盛土・嵩上されていないか見て廻ることです。
以前からある住宅が不自然にコンクリート又は重量ブロック等で嵩上されている
ようなら、その地域は要注意です。
嵩上されている住人の方に聞くのも良 いかと思います。余談ですが、妹の長女
夫婦の住宅は土地を50cm嵩上してありその上に住宅が建っていました。住宅基
礎高約45cm。床上まで、約1メートル以上高さがありましたが、床上浸水。以前か
ら建っていた付近の住宅には浸水被害はなく、新築住宅3棟のみが浸水被害を
受けた。嵩上されていても安心はできません。 営業の方からは何の説明も無か
ったとの事。今回配布された「浸水ひなん地図」で、過去・直近の浸水被害状況
が想定できますので、建築時に擁壁➡盛土➡基礎高調整等の工事で、将来の
浸水被害に対応できるかもしれません。
 
浸水被害が過去にあった物件は、排水環境等が変わり浸水被害はないという状
況にならなければ、建物の耐用年数にも係わってきます。再販時にも、浸水被害
の事はお客様に伝えなければならず、納得してお買いいただく場合でも、再販
価格は近隣より相当に下がる事になります。土地/住宅をお買いになる前に近隣
の浸水被害有無を散歩がてら調べましょう。        
不動産購入時の、一考にもなります。

 

〇南海トラフ大地震の詳細については、「内閣府防災情報」を、下記アドレス
  からご覧下さい。

映像が特に参考になり、海岸近郊へ襲来する津波の恐ろしさが分ります。
YouTube映像も随時ご覧下さい。参考になる新震災映像が増えています。
                     

www.bousai.go.jp/

 

大地震と大津波により、推定される被災状況がよく分かります。
南海トラフ大地震 = 大津波。 
海岸沿いとその近郊・推定津波浸水区域内とその近隣は、
「大変危険だ!」という事が、よく分かります。
海岸沿いとその近郊・推定津波浸水区域内は、財産である不動産価格が、
急激に下落しています。一部の地域を除き、一般の需要は全くありません。
津波被害を受けた地域の不動産価格は、限りなく「0」近くとなるでしょうし、
多分売れませんし、誰も買いません。


買う方を、想像できますか?
大津波被害を受けた土地を、お買いになる方がいるとは思えませんし、
私なら、タダ同然でも買いません。


※海岸沿いとその近郊・推定津波浸水区域内の物件は、余程の事情がない限り
  お買いにならない事です。  買って後悔(?)するより、買わない事です。


根拠のない楽観論と油断は、
遠くない将来、
過去の惨事と同様の、
不幸な災害被害を招く結果となるでしょう。
「後悔しない選択」。 油断は禁物です。 
ご購入に際しては、
地域・地区に、充分ご注意下さい。
                

www.bousai.go.jp/

〇浸水と死亡率という看板から…

(浸水高) (死亡率)
100cm       100.0 %    とうてい立てない 漂流物にぶつかる 死亡する
  70cm         71.1 %  膝を越え水の力が強くなる 健康な成人も流される
  50cm           4.8 %  車やコンテナが浮き出す 何かにしがみついていれば
                                   立てるが…
  30cm        0.01 %   健康な成人なら何とか立てる 歩行は難しい

     3m             木造家屋の ほとんどが倒壊する
 
現在お住まいになっている区域が、推定津波浸水区域内となっている場合に
は、その浸水高から、危険度との比較をして下さい。しかし、30cm程度の浸水
高で歩けなくなるのは、大津波による流水という事もありますが、30cm程度の
流水でも、女性・高齢者にはかなり危険です。
  
 

※海岸沿いとその近郊・推定津波浸水区域内の物件は、余程の事情がない限り
お買いにならない事です。 

 

買って後悔(?)するより、買わない事です。

◎ 内閣府発表の 南海トラフ巨大地震の被害想定(第二次報告)について 
    ※以下は抜粋

……
津波の到達時間、津波の継続時間、第1波の押し引き等の差異について 
津波断層モデルは南海トラフの最大クラスの津波を想定したもので、

その津波断層 域は、 駿河湾域から、四国の内陸の直下
にまで及んでおり、

地震の発生と同時に大津波が 来襲し始め、

次に、


トラフ軸近くの超大すべり域で発生した
 特に大きな津波が押し寄 せてくることとなる。 


このような特に大きな津波がそれぞれの海岸に襲来するまでに要する時間は、

駿河湾の沿岸地域のように、トラフ軸が直ぐ傍にある地域では、
地震発生から数分後には 5m を超える津波が襲来し、


高知県のようにトラフ軸から少し離れた場所では、
5~10m を超える大きな津波は地震発生から 20~30 分後となる。

また、伊勢湾や大阪湾奥に 津波が襲来するにはさらに時間を要し、
1 時間~1 時間半程度後となる。
 
長大な津波断層域のそれぞれの場所で発生した津波は、


互いに重なり合い、更にそ れらが海岸で反射しながら、
各地域の海岸に何度も押し寄せる。


第1波だけでなく、
その後も、5、6時間から半日程度は、

繰り返し大きな津波が襲来する ので、警戒が必 要である。

また、
津波の第 1 波が、押しで始まるか、引きで始まるかについては、
津波断層のメカ ニズムや地域によって異なる。


いつも同じと考えてはいけない… そうです。

お客様から、怖い笑い話を聞きました。(どこの地域かは言えません…)

三陸沖大地震/大津波があり、数ヵ月後在住の市から、南海トラフ巨大地震時の
 津波推定最大津波高が発表された。9mだったそうです。
それから、数回の発表があり、三陸沖大地震/大津波6年後の今では、

南海トラフ巨大地震時の津波推定最大津波高は、2mになったそうです。

お客様の町内では、ヘタクソ漫才と同程度の笑い話になっている。
そうか、三陸沖大地震/大津波から6年も経つと、大津波高も下がるんだ。

 

そう言えば、説明を求めた納税者達に対して、公聴会も開かず、
海抜2.5m程度の場所に、総合病院を建築する予定だとか…
正気なのか? 平和ボケも、ここまで来ると、犯罪だ。 もう笑えない。

酷い選択をしたものだ。

人の意志で?誰の考えで?《誰のために?》誰の責任で?愚かにもほどがある。

文句を言わない愚かな、私達。 何も誰も市政も、変わらない。
お得意の、悲惨な被害は想定外で 
「誰も責任を取らない病」 がまた始まったのか?
無責任な、言いっぱなし。 だが、こんな人達を選んだ責任は私達にある。

 

そういえば以前海岸近くの不動産価格は大暴落し、海岸近くのアパートは家賃
半額にしても入居者が来なかったそうだが…
平成31年現在、今では近隣の市から海岸近くのアパートにも入居希望者がいる
ようで、喜ばしい事と言っていいのか悪いのか…

不思議だ…

喉元過ぎれば熱さ忘れる。
天真爛漫な楽観主義。
チャレンジャー。

 

 

土地・建物の買取

メインビジュアル1

新築住宅の販売

top

…不動産に関連する悩み・困り事は、お気軽にご相談下さい。…

 ご相談させていただき、複雑な諸問題(専門家の助言が必要な場合) は、秘密厳守のうえ信頼のおける、弁護士・税理士・司法書士をご紹介させていただきます。ご依頼頂ければ、スタッフ一同、迅速・丁寧に対応させていただきます。どうぞ、ご相談下さい。  相談無料。迅速。秘密厳守。